2012年度 アンセルモ・コルツァーニ国際イタリア声楽コンコルソ (1611)
日本会場 開催のご案内

日時:
2012年4月29日(日)

場所:
江東区・森下文化センター
(都営新宿線・大江戸線「森下」または都営大江戸線・東京メトロ半蔵門線「清澄白河」下車、徒歩8分)

受賞特典:
十分な実力が認められた参加者は、コンコルソ・イタリア会場での審査を免除。世界的ソプラノ歌手ジューン・アンダーソン氏によるオペラ実技講習会と入賞者デビュー演奏会への参加権を与え、渡航費を支給 (実技講習会とデビュー演奏会は、ブドリオ市立コンソルツィオ劇場で2012年秋に開催)。日本会場の入賞者はその後の再選抜をへて、ヨーロッパ各国の提携劇場で出演契約の可能性あり。

課題曲:
18世紀から20世紀初頭までに作曲されたオペラの独唱5曲の任意プログラムを提出。この任意プログラム曲は、2名以上の作曲家のオペラ作品から選び、全5曲のうち3曲以上は歌詞がイタリア語によるものと定める。当日会場で、審査員会から指定される曲を演奏すること。

参加資格:
年齢・学歴不問。欧米の主要劇場でオペラ全曲公演の主役を歌った経験がない方。声種はソプラノ、メッツォソプラノ、コントラルト、テノール、バリトン、バスのどれかに属すること。

審査員:
−アルド・サルヴァーニョ (アンセルモ・コルツァーニ国際イタリア声楽コンコルソ芸術監督、日本イタリア・オペラ座常任指揮者)
−大前 努 (コンコルソ日本会場審査員長、日本イタリア・オペラ座総監督、日本イタリア声楽教育アカデミー代表)
−木村 聡 (バリトン歌手、2010年度コルツァーニ声楽コンコルソ日本会場優勝者)

審査料:
¥30,000 (メールで参加申し込みの上、指定方法にて前納)

(注記: コンコルソの参加者は、各自の伴奏ピアニストを当日会場に同伴すること。主催者は、参加者へのピアニスト紹介・斡旋などの業務を行いません。)

応募期限:
2012年4月14日(土) 応募申し込みメール必着。定員20名に達し次第、募集を締め切ります。 

●リンク http://www16.plala.or.jp/accademia/Colzani_Giappone.html


●投稿日 2012/03/07(水)12:48
●投稿者 Accademia [i219-165-204-90.s02.a026.ap.plala.or.jp]
●メール accademiait@yahoo.co.jp

[一覧へ]